大七テーマパーク

酒蔵見学

原料米お米を精米するお米を蒸す麹を造るもとをつくる・仕込みもとをつくる・もと摺り(山卸)もとをつくる・暖気入れ醪の仕込み醪の管理搾り貯蔵(熟成)酒蔵見学インデックス

搾り

槽掛け
槽掛け

 酒造りのクライマックスが「搾り」です。この作業は「上槽」とも呼ばれ、十分成熟した醪を、「お酒」と「酒粕」に分離する作業です。その方法には、通常の圧搾機を使用する方法、酒袋と槽を用いる伝統的な方法、そして酒袋だけを使って行う首吊り法などがあります。
 搾りたてのお酒にはまだ酵素が生きています。最初は発酵による炭酸ガスを含んでいて荒々しさがありますが、日がたつにつれ、熟してお酒本来の旨味が出てきます。

槽場
槽場

醪末期の状態は刻一刻と変化しています。全体のバランスが最も良くなったタイミングを逃さず、上槽の決断をするのです。これは杜氏の重要な仕事です。よく出来たお酒には、「青冴え」といってうっすら緑がかった色調が見られます。

新酒
いよいよ新酒の誕生です。